Without Leaving

イタリアにはグラッパという蒸留酒があります。

グラッパの最大の特徴はワイン造りで絞ったブドウの搾りかすを使います。かすといっても、ワイン造りでは極優しいソフトプレスでブドウを絞ります。なので果汁はかなり残った状態です。しかし雑味などがかなり残った状態でもあります。この残り果汁をプレスし発酵、蒸留を経てグラッパとなります。蒸留すると雑味はほとんど無くなってしまいます。

このような製法なのでワイン造りのついでにグラッパも造っているワイナリーも多いです。写真はバルバレスコのグラッパです。食後にデザートと楽しみたいですね。

There is a spirit called grappa in Italy.

The biggest feature of grappa is the use of grape pomace squeezed from wine making. Even though it is dregs, when making wine, the grapes are squeezed with a very gentle soft press. So there is a lot of juice left. However, there are still a lot of miscellaneous flavors left. The remaining juice is pressed, fermented and distilled to become grappa. Distillation almost eliminates the miscellaneous taste.

Because of this manufacturing method, many wineries also make grappa while making wine. The photo is Barbaresco grappa. I want to enjoy dessert after a meal.

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。