History of IPA

IPAと呼ばれるビールを知っていますか?
IPAとはIndia Pale Aleの略です。
PaleとAleの説明はまたの機会にするとして、Indiaですね。
なぜインドなのかというところをお話ししますね。
その昔、インドはイギリスの植民地でした。当然インドにたくさんのイギリス人がいるわけです。イギリスではパブの文化が根付いておりビールやウイスキーは日常的に飲まれていました。しかし、当時のインドは、お酒を造る技術がほぼありませんでした。材料となるものも当時のインドにはありませんでした。でも飲みたいじゃないですか。気持ちはとてもわかりますね。ということで本国からインドに船で運ぶことを試みます。しかしインドとイギリスのあの距離です。冷蔵技術のない当時、100%ビールは腐ります。しかし、インドで頑張ってるあいつらにビールを飲ませたい!と強く意気込み知恵を絞ります。そしてたどり着く2つの答え。アルコール度数を上げて除菌効果を高めよう。しかしそれだけでは足りない。もう一つ、除菌効果のあるホップを大量に入れるのです。こうすることでインドにビールを運ぶことに成功したのですね。
この名残は現在のIPAにもあり、ホップのフルーティな香りと高めのアルコール度数が特徴です。ちなみに写真はイタリアのIPA。ソムリエの授業でテイスティングしたものです。ビールの授業もあるんですよ。

Do you know a beer called IPA?

IPA is an abbreviation for India Pale Ale.

The explanation of Pale and Ale will be another opportunity, India.

I would like to talk about why India is.

Once upon a time, India was a British colony. Naturally, there are many British people in India. Pub culture has taken root in England, and beer and whiskey were drunk on a daily basis. However, India at that time had almost no technology for making alcohol. But don’t you think British in India want to drink? I understand their feelings very much. So they tried to ship it from their home country to India. But it’s such a long distance between India and England. At the time when there was no refrigeration technology, the beer could be spoiled. However, mainland people want them to drink beer who are working hard in India! They strongly squeeze their wisdom. And two answers to reach. Let’s increase the alcohol content to improve the sterilization effect. But that’s not enough. Another thing is to add a large amount of hops that have a sterilizing effect. By doing this, you succeeded in bringing beer to India.

This remnant is also present in the current IPA, which features a fruity aroma of hops and a high alcohol content. By the way, the photo is Italian IPA. It was tasted in a sommelier class. There is also a beer class.

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。