Why so delicious? ③~It seems good pairing, but…~

The Italian sommeliers evaluate the compatibility of food and wine on a 10-point scale.

In 1 to 3, the balance between food and wine is poor, and the combination makes it unpleasant.
In 4 to 7, either food or wine is emphasized, but it is not in a bad state.
8 to 10 are in a well-balanced and very harmonious state.

We will evaluate it based on these criteria.

The Italian way of thinking is that the best pairing is not to make one stand out, but to harmonize both in a well-balanced manner and make it even more delicious.

Based on that, the story of caviar that I talked on last blog.

The caviar is salted. It’s pretty salty. No wine is mellow enough to handle this saltiness. It also has a strong scent. Caviar by itself can’t be paired with wine.

In another story, salami and beer. Many people think it’s a good combination. However, unfortunately, the saltiness and flavor strength of salami cannot be accommodated by beer. Aren’t you drinking a lot of beer to get rid of the aftertaste in your mouth? I think there are many people who are full with that.

Prosciutto, cheese, salami, and caviar cannot be combined by itself. And there is always a garnish for such things. That is why it is the best pairing.

Next time, I will introduce the pairing with this idea.

イタリアのソムリエは料理とワインの相性を10段階で評価します。
1~3は料理とワインのバランスが悪く、組み合わせることで不味くなってしまう状態。4~7は料理またはワイン一方が強調されるが、不味い状態ではない。8~10はバランスがとれていて非常に調和している状態。
とザックリこういう基準で評価していきます。
イタリアの考え方は、どちらかが引き立つではなく両方バランスよく調和し、さらに美味しくなることが最高のペアリングと言えます。
ということを踏まえ、キャビアの話。
キャビアは塩漬けしています。かなりしょっぱいですね。この塩辛さに対応できるまろやかなワイン。正直ありません。さらに香りも強い。キャビア単体ではとてもじゃないけどワインと合わせられません。
別の話で、サラミとビール。良い組み合わせって思ってる方も多いでしょう。しかし、サラミの塩味と風味の強さは残念ながらビールでは対応しきれません。その風味を流し込むために、沢山ビールを飲みませんか?それでお腹いっぱいになってしまう方も多いのではないでしょうか?
生ハムもチーズもサラミもキャビアも、単体では合わせられない。そして、そういうものには必ず付け合わせがある。だからこそ最高のペアリングとなる。
この考え方で実践したペアリングを次回紹介します。

https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=tf_til&t=sommelierlab-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS1=1&detail=1&asins=B01GP6K5NO&linkId=c63e7c32cc8042860c3ca278a0a8e4ff&bc1=000000&lt1=_blank&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。