Why so delicious? ⑤ ~My daily pairing~

selective focus photography of fried rice in bowl

I found a video like this on You Tube.

The worst combination, Kazunoko and wine. (in Japanese)

Kazunoko is herring roe.

Various people are making such videos, but some of them are sommeliers. A blind spot common to all videos is pairing with ingredients themselves (Kazunoko, etc.)

Surprisingly, it’s a blind spot that Japanese sommeliers also fall into.

So, here is an example of the pairing that I usually do.

Salted squid + seaweed + rice → Sicilian rose
Spicy cod roe + sesame oil + rice → White in Southern Italy (Ciro Bianco)
Natto (fermented soybeans) + egg + chopped leek + rice → Prosecco

I get the impression that salted squid, spicy cod roe, and natto are all suitable for wine, but there is nothing that cannot be matched with this theory.

If you think about it like this, you can understand why bread is included in all restaurants, and it seems that you can enjoy your meal more and more by paying attention to the garnish that comes with meat and fish dishes.

You Tubeでこんな動画があります。
最悪の組み合わせ、数の子とワイン。
色々な方がこういった動画を作られていますが、中にはソムリエの方もいらっしゃいます。すべての動画に共通している盲点。
それは、食材(数の子など)のみで組み合わせてしまっているということ。
意外にも日本のソムリエも陥る盲点なんです。

では、私が実際に普段やっているペアリングの一例です。


塩辛+海苔+ご飯→シチリアロゼ

明太子+ごま油+ご飯→南イタリアの白(Ciro Bianco)

納豆+卵+ネギ+ご飯→プロセッコ


塩辛、明太子、納豆、すべてワインに合わなそうな印象を受けますが、この理論でいくと合わせられないものなどありません(笑)
こう考えると、フレンチやイタリアンのコースでパンがついている理由も分かりますし、お肉やお魚料理についている付け合わせも注目して、ますます食事を楽しめそうですね。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。