White mountain

Do you know a dessert which is called Mont Blanc? As the title suggests, it is a chestnut cake that means white mountain. There is also a sweet called Monte Bianco in Italy. This also means a white mountain.

Both are chestnut cakes, but there is a clear difference between the two.

Mont Blanc, which is often seen, is made by coating whipped cream with chestnut cream. Basically brown, depending on the item, it may be yellow.

Monte Bianco is conical with fresh cream, and chestnut cream inside. That’s pure white. Why is there such a difference?

Both are modeled on a real mountain called Mont Blanc. It is a mountain that straddles the border between France and Italy.

Although it is the same mountain, when viewed from the French side, you can see a gentle, rugged rock surface. On the contrary, when viewed from the Italian side, it is covered with sharp white snow.

It’s very interesting that similar desserts are different. The photo was taken when I climbed Mont Blanc.

皆さんはモンブランは好きですか?タイトル通り白い山という意味の栗のケーキです。イタリアにもモンテビアンコというお菓子が存在します。こちらも白い山という意味です。
どちらも栗のケーキなのですが両者には明らかな違いが。
皆さんがよく目にするモンブランは生クリームの上に栗のクリームがあしらわれています。基本茶色、物によっては黄色かったりしますよね。
そしてモンテビアンコは、栗のクリームの上に生クリームを円錐状にあしらいます。そう真っ白なんです。なぜそんな違いがあるのか。
どちらもモンブランという実在する山がモデルとなってます。フランスとイタリアの国境にまたがる山です。

同じ山ですがフランス側から見るとなだらかで、ごつごつした岩肌が見えます。逆にイタリア側から見ると鋭角で真っ白な雪がかかっているのです。
同じようなデザートでもこうも違うのはとても面白いですね。写真はモンブラン登頂時撮影したものです。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。