Wall learning

When I took a final exam of Sommelier, I was never confident.

That’s because I am not good at memorizing.

Japanese sommelier exam is very important to memorize, I think it will be quite difficult for me (because it will not proceed to the tasting test without passing the writing exam). The Japanese sommelier is really great.

By the story of the Italian test, the first half of the exam was written (choices) and tasting. Writing test probably did not even half points. However, it was a feeling that I was able to cover some of the tasting because I was a little confident in the taste.

The second half oral tests, I was not able to answer such as I thought, and I cared the mental that failure in the exam and enjoyed the remaining Italian stay to forget its facts.

This photo is a wall ornament of the 20 provinces of Italy. It is great ornament to study, but I found this at the airport in Rome when I go back to Japan.

I wish I could meet it sooner. I took this picture while thinking like that.

ソムリエの最終試験ですが、決して自信満々というわけではありませんでした。
というのも私、暗記を大の苦手としています。
日本のソムリエは暗記が全てみたいなところがありますので(筆記試験合格しないとテイスティング試験に進めないため)、私にはかなり難しい試験になると思います。本当に日本のソムリエはすごいですね。
さてイタリアの試験の話ですが、前半の試験は筆記(選択問題)とテイスティングでした。筆記は恐らく半分も取れなかったでしょう。しかし、味覚には少し自信があるのでテイスティングで何とかカバーできたという感じでした。
後半の口頭試問も緊張から思うように答えられず、メンタルをボロボロにされ落ちたと覚悟しながら、その事実を忘れるように残りのイタリア滞在を楽しみました。現実逃避です。
この写真はイタリア20州の主要ぶどう品種が記載された壁の飾りです。とても見やすく覚えやすいですが、これを見つけたのは、帰りのローマの空港。

もっと早くこいつに出会いたかった。と思いながら撮影しました。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。