Trappist beer

This photo is a super rare beer in Japan, so please let me show you.

This beer is called Trappist beer. Have you heard of it?
Trappist is a Catholic religious order. The beer brewed in the monastery is called Trappist beer. Trappist monasteries also exist in Japan, and the products made there are local specialties.

Such Trappist beer is sometimes mass-produced in collaboration with large companies. Belgian beer called Chimay is famous. There are 12 monasteries in the world that produce trappist beer, including such beer. There are only 12 places.

About half of it is concentrated in Belgium. The reason for concentrating in Belgium is related to Christian rituals.

Wine and bread are essential to the Christian church ritual. Pick up the bread in the words of the Last Supper of Jesus Christ
“This is my body”
And pick up the wine
“This is my blood”
He said and he gave it to his disciples. ※To Christians. Actually I’m not Christian, so please let me know if it’s a mistake.

In areas where vines grow, it is perfectly fine to use wine in ceremonies. However, there are some areas where grapes do not grow at all. Belgium is one of the regions. A Belgian specialty beer was used instead. Trappist beer beginning is the monastery made beer for ceremonies.

There are 12 Trappist beers in the world, one of which is in Italy. It is a church on the outskirts of Rome and is a monastery called Trefontane. With the exception of beers like Chimay, Trappist beers are basically only available locally. Only the Trappist Monastery makes trappist beer in Italy. It’s a very valuable beer.

The relationship between religion and alcohol is also very interesting.

この写真激レアビールなので自慢させてください(笑)

このビールですが、トラピストビールといいますが聞いたことありますか?トラピストとはカトリックの修道会です。その修道院にて醸造されたビールをトラピストビールと呼びます。トラピスト修道院は日本にも存在し、そこで作られたものが地元の名産品になったりしています。
そんなトラピストビールですが、大企業と連携し大量生産をしている場合もあります。Chimayというベルギービールが有名ですね。そういったビールを含めトラピストビールを製造している修道院は何と世界に12か所。たった12か所です。
その約半分はベルギーに集中しています。なぜベルギーに集中しているかというと、キリスト教の儀式が関係してきます。
キリスト教会の儀式に欠かせないもの、それはワインとパンです。イエスキリストの最後の晩餐の時の言葉で、パンを手に取り「これは私の体である」そして、ワインを手に取り「これは私の血である」と言って、弟子たちに分け与えたそうです。クリスチャンの方、間違っていたらすいません。
ぶどうの育つ地域ではワインを儀式で使うことは全く問題ありません。しかし、ぶどうが全く育たない地域もあります。ベルギーもその地域の一つです。そこで代用されたのがベルギーの名産品のビールです。儀式のために修道院でビールを造るようになったのがトラピストビールの始まりです。
トラピストビールを製造しているのは世界に12か所ですが、その中の一つがイタリアにあります。ローマ郊外にある教会でトレフォンターネという修道院です。Chimayのようなビールを除けばトラピストビールは基本的に現地でしか買えません。イタリアにてトラピストビールを造っているのはトレフォンターネ修道院のみです。とても貴重なビールです。
宗教とお酒の関係もとてもおもしろいですね。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。