Pennies from heaven ④~The story of whiskey told by the sommelier~

clear glass bottle with brown liquid

The third country of the five major whiskeys is the United States.

American whiskey has gradually recovered since its decline.

And when something declines, something develops.

American whiskey was brought to you by immigrant Scottish and Irish people. Heavy taxes will be levied on whiskey after the American Revolution. I really love politicians’ heavy taxes. Manufacturers moved to inland Tennessee and Kentucky, which were outside the 13 independent states at the time, to escape taxes. Since this area was suitable for corn production, the bourbon whiskey production method was established. After the Civil War, production will increase and it will develop significantly in the U.S.

The 1920 Federal Prohibition Act forced many distilleries to close. The crackdown was strict and moonshine was not as developed as in Scotland. It was abolished in 1933, but some states still have Prohibition, and due to the effects of World War II, reconstruction was on track after 1950.

Such the heavy taxes in Scotland and the Prohibition in the United States, it’s very hard for people to quit the alcohol they used to drink until yesterday. The patience doesn’t last long. America cannot be moonshine. There is only one way to rely on this!

Smuggling!!!

Now the problem. What and where did the Americans smuggle?

5大ウイスキー3か国目はアメリカです。
アメリカのウイスキーは衰退しきってから徐々に復興してきました。
そして何かが衰退すると、何かが発達するものです。
アメリカンウイスキーは移民してきたスコットランド人やアイルランド人によってもたらされました。アメリカ独立後ウイスキーに対し重税が課せられます。本当に政治家重税大好きですな。製造業者は税金から逃れるため、当時独立13州外だった内陸のテネシー州やケンタッキー州へ移動しました。この辺りはトウモロコシの生産に適していたためバーボンウイスキーの製法が確立されます。南北戦争後は生産量が増大し国内で大きく発達していきます。
1920年の連邦禁酒法により多くの蒸留所は閉鎖に追い込まれます。取り締まりは厳しく、密造もスコットランドほど発達しませんでした。1933年には撤廃されましたが、州ごとには禁酒法を残している場合もあり、そして第2次世界大戦の影響もあり復興が軌道に乗ったのは1950年以降でした。
スコットランドの重税も、アメリカの禁酒法もそうですが、昨日まで飲めたお酒を今日から飲めませんとなると人間辛いものです。我慢は長続きしませんから。アメリカは密造もままならない。こうなると頼る手段は一つ!

密輸です!!

さて問題です。アメリカの人々は何をどこから密輸していたでしょうか?

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。