Pennies from heaven ⑤~The story of whiskey told by the sommelier~

close up photo of person holding clear drinking glass

This time I’m talking about Canadian whiskey.

Canadian whiskey began production around the 18th century. They started making whiskey with the excess grain that was overproduced. However, whiskey at that time was not a good product to compliment, and it is said that it was quite inferior.

Now, of course, they make great whiskey, and of course, under current law, what was made at that time is not recognized as Canadian whiskey.

Although it is such a Canadian whiskey, it has characteristics that other whiskeys do not have. It means that you may use a flavoring liquid that has nothing to do with whiskey within the specified amount. Examples of flavor liquids are wine, brandy and sherry. This makes it a very fruity and mellow whiskey.

What made this unique and high-quality Canadian whiskey grow so much?

Prohibition in the United States. During this period, smuggling was actively carried out in the United States, which triggered growth. If you make a lot, the technology and efficiency will improve steadily.

And after World War II, this fruity whiskey is loved all over the world. The quality is also high and it has become popular in the world.

So the answer to the last quiz was smuggling whiskey from Canada.

So far, Scotland, Ireland, the United States, and Canada have appeared, but since they are five major countries, there is still one more. Where do you think?

今回はカナディアンウイスキーの話です。
カナダのウイスキーは18世紀ごろ生産が始まりました。穀物が過剰生産となり余った分でウイスキーを造り始めました。ただ、当時のウイスキーはお世辞にも良品とは言えず、かなり粗悪なものだったと言われています。
現在はもちろん素晴らしいウイスキーを造っていますし、もちろん現在の法律では、当時造られたものはカナディアンウイスキーとは認められません。
そんなカナディアンウイスキーですが、他のウイスキーにはない特徴があります。それは全くウィスキーとは関係のない香味液を規定量内で用いる場合があるということです。香味液はワイン、ブランデー、シェリーが例に挙げられます。これによって、とてもフルーティーで芳醇なウイスキーとなります。
このように個性的で高品質なカナディアンウイスキーは、何がきっかけで大きく成長したんでしょうか?
アメリカの禁酒法です。この時代にアメリカに盛んに密輸をし、成長のきっかけとなりました。たくさん造ると技術や効率もどんどん上がっていきます。
そして第2次世界大戦後、このフルーティーなウイスキーは世界中で好まれます。品質も高く、世界で人気が高まりました。
ということで前回のクイズの答えはカナダからウイスキーを密輸でした。
これまでスコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダが出てきましたが5大国なのであと1か国ですね。どこだと思いますか?

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。