Pennies from heaven ⑥~The story of whiskey told by the sommelier~

asian man resting in bar with cigar and whiskey

Now it’s the last country.

What is that country?

It’s Japan!!!

Japanese whiskey does not have as long a history as the whiskeys of the four countries mentioned last 4 blogs, but since it is a whiskey recognized around the world, I would like to introduce it.

There is one person who is indispensable for talking about Japanese whiskey. His name is Masataka Taketsuru. There was a drama about him called “Massan”. Without him, there would be no Japanese whiskey today. This time I will mainly talk about him.

Japanese whiskey began to be evaluated worldwide after 2000. “Single Cask Yoichi 10 Years” receives the world’s highest evaluation by suppressing Scotch and Bourbon in the blind test. From around this time, Japanese whiskey attracted worldwide attention.

Such Japanese whiskey was inferior when Masataka was a student. It contained alcoholic flavors and sweets and was called imitation. Masataka, a student, is studying brewing and will join a company called “Settsushuzo” ​​after graduating.

During World War I, Settsushuzo made a lot of money because alcohol was needed to make gunpowder for weapons. As an employee, Masataka is exempt from military service. Mr. Abe who is the president of Settsushuzo learns about Masataka’s exemption from military service and proposes something.

Would you like to learn how to make whiskey in Scotland?

Abe expected that an era would come when imitation would not be enough. When he wanted to make authentic whiskey, he selected Masataka who is diligent and hard working. Masataka is also surprised because he will also support all the funds for studying abroad. He replies immediately and heads to Scotland.

Masataka, who departs from Kobe Port, has a certain destined person to see him off.

さあ、最後の国となりました。
その国とは、

日本です!!

日本のウイスキーは前述の4か国のウイスキーほどの歴史はございませんが、世界に認められたウイスキーなので是非紹介させてください。
日本のウイスキーを語るには欠かせない人物が一人います。その名は竹鶴政孝です。「マッサン」という彼を題材にしたドラマがありましたね。彼なくしては今のジャパニーズウイスキーはありません。今回は主に彼の話をしていきます。
日本のウイスキーが世界で評価され始めたのは2000年以降です。「シングルカスク余市10年」がブラインドテストでスコッチやバーボンを抑え世界最高評価を受けます。このころからジャパニーズウイスキーが世界から注目を集めます。
そんな日本のウイスキーですが政孝が学生のころ、それはそれは粗悪なものでした。アルコールの香料や甘味料が含有されたものでイミテーションと呼ばれていました。学生の正孝は醸造学を学んでおり、卒業後「摂津酒造」という会社に入社します。
第一次世界大戦中は武器の火薬製造にアルコールが必要であったため摂津酒造は大儲けをしていました。その従業員ということで、政孝は兵役を免除されます。社長の阿部は政孝の兵役免除を知り、あることを提案します。
スコットランドでウイスキーの製法を学んでこないか?
阿部はイミテーションでは満足できない時代が来ると予想していました。本格ウイスキーを造りたいと考えていたところで政孝に白羽の矢が向きました。留学資金もすべて援助するというのですから、政孝も驚きです。二つ返事でOKし、スコットランドへ向かいます。
神戸港から旅立つ政孝、そこにはとある運命の人物が見送りに来ていました。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。