Pennies from heaven ⑧~The story of whiskey told by the sommelier~

When you get a loan, you have to say what you are doing, but at that time, even if you were to build a distillery and make whiskey, you wouldn’t get a loan.

Masataka will build a factory in Hokkaido and will start as a company that ostensibly makes apple juice. By doing this, it appeals that it will not compete with Suntory. And while the whiskey was aging, they overcame the difficulty by selling apple juice.

The company name at the time of establishment, Dai Nippon Kaju Co., Ltd. You can see the ostensibly business from here as well. And later, Nikka Whiskey will change.

They made whiskey, but it didn’t suit the tastes of Japanese people at that time and didn’t work as well as Suntory. It will be recognized little by little and become popular. They also built a second factory in Miyagi to accelerate whiskey making.

Nikka Whiskey’s position in Japan is immovable. After Masataka died, it became a world-renowned whiskey. As a result of stubbornly continuing to make whiskey with conviction, it has become the cornerstone of today’s Japanese whiskey and is now being drunk all over the world.

This wonderful story has been published in several books, but this time I referred to the book in this photo. This is the end of this series. I hope that you will deepen your awareness of whiskey.

融資を受ける際、必ず事業内容を言わなければならないですが当時、蒸留所を建設しウイスキーを造るといっても融資は中々してもらえません。
政孝は北海道に工場を建設し、表向きはリンゴジュースを造る会社としてスタートします。こうすることで寿屋(サントリー)に対して競合しませんよというアピールに。そしてウイスキーを熟成の間、リンゴジュースを売ることで難を凌いでました。
創業時の会社名、大日本果汁株式会社。ここからも表向きの事業が分かりますね。そして後に、ニッカウヰスキー変わっていきます。
肝心のウイスキーですが、当時の日本人の趣向に合わずサントリー同様あまりうまくいきませんでした。少しずつ認知されていき人気が出てきます。そして宮城に2つ目の工場を建設し、ウイスキーづくりを加速させていきます。
国内でのニッカウヰスキーの地位は不動のものになります。そして政孝が亡くなったあと世界に認められるウイスキーとなったのです。頑固に信念をもってウイスキーを造り続けた結果、現在のジャパニーズウイスキーの礎となり現在は世界中で飲まれています。
この素晴らしい物語は、いくつか書籍となっておりますが、今回はこの写真の本を参考にさせて頂きました。今回のシリーズはこれで終了です。ウイスキーへの認識が少しでも深まってもらえると嬉しいです。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。