New Product

transparent glass of rose wine served on table

There is a wine law in Europe.

It is a law that protects the characteristics and traditions of wine in each region. If the conditions are met and certified, wine can be sold under the name of that region. In Italy, there are grades such as DOCG and DOC. Branding the region is also important. Champagne is a very good example.

Champagne is the name of the region in France. Any deviation from the Champagne regulations will not be labeled as Champagne and will be treated as just sparkling wine.

This law was once certified by the state, but is now finalized by the EU. The point is that one hurdle has increased. This has led to an overwhelming reduction in newly certified wines these days.

However, there is a newly certified wine in January this year! !! !!

It’s a Prosecco rosé.

No, what is Prosecco! !! Please be assured. There is a wonderful teacher called Google.

I will explain it properly. Simply.

Sparkling wine from Veneto, that capital is Venice, is made from a grape variety called Glera. This grape is also known as Prosecco. In the past, only white was allowed, but this year the rose was finally certified.

Prosecco production exceeds champagne. With the addition of the world-famous rosé element to this already popular Prosecco, it is said that it will definitely sell. There is a possibility that it will run out of stock, so it seems that it will be a while before we see it in Japan.

ヨーロッパにはワインの法律があります。
地域ごとのワインの特性と伝統を守る法律ですが、条件を満たし認定されるとその地域の名前でワインを売ることが出来ます。イタリアではDOCG、DOCなどの等級があります。地域をブランド化することも重要になってきます。シャンパンがとてもいい例です。
シャンパンはフランスのシャンパーニュという地域の名前です。シャンパーニュの規定から少しでも外れると、シャンパーニュとラベルに表記することはできず、ただのスパークリングワインとして扱われます。
かつては国が認証していたこの法律ですが、現在はEUが最終認定を行います。要は一つハードルが増えたということです。これによって最近は、新認証のワインが圧倒的に少なくなりました。
ですが、今年1月新たに認証されたワインが!!!
それは、プロセッコのロゼです。
いやプロセッコってなんやねん!!という方ご安心下さい。グーグルという素晴らしい先生がいます。
ちゃんと説明しますよ。簡単に。
州都がヴェネツィアのヴェネト州のスパークリングワインで、グレーラというブドウ品種で造られます。このぶどう別名プロセッコと言います。かつては白のみ認められていましたが今年ついにロゼが認証されました。
プロセッコの生産量はシャンパンを超えています。すでに人気のあるこのプロセッコに世界で大人気のロゼという要素が加わり、絶対に間違いなく売れると言われています。品薄になる可能性もあり、日本でお目にかかるのは少し先になりそうです。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。