Awareness of weakness

green plants on green grass field
広告

I think that many Japanese sommeliers are not very good at Italian wine.

I think there are various reasons for that.

First of all, textbooks and reference books. Many texts are based on France. Each region of France is covered and you can study all over. Other countries will also study the world’s wines with reference to France. Italy, on the other hand, is often grouped with ”other country”. In this case, if it is a small wine country, it will be OK. However, Italy is a wine powerhouse along with France. In terms of production, Italy has been keeping the number one in the world these days.

Why not divide such a country into smaller regions!

Most of the Japanese sommelier exams are questions about French wine. This textbook and reference book are just for exam preparation.

The second reason is grapes. Grape varieties native to France and grown all over the world are called international varieties. Conversely, grape varieties that can only be grown in that area are called indigenous varieties. This indigenous variety is incredible in Italy. Even if you introduce one type a day, it will not end in one year!

Even if you remember France in the test, the Italian wine is more complicated. But they can’t even look at it because it doesn’t appear in the test. That’s sad.

So, I would like to introduce an rare and unknown Italian grape. Spotlight on performers who don’t usually appear!

日本のソムリエはイタリアワインに対して、非常に苦手意識を持っている方が多いように思います。
それには様々な理由があると考えます。
まずは、テキストや参考書です。多くのテキストはフランスを基準に構成されています。フランスの各地域は網羅されていて一通り学習できます。ほかの国はフランスのこの地域に似ている、という具合にフランスを軸にして世界のワインを学びます。一方イタリアは国で一括りにされている場合が多いです。この場合ワイン小国であれば成立します。しかしイタリアはフランスと並ぶワイン大国。生産量に関してはここ最近はイタリアが世界一をキープしています。
こんなの国で括れるわけないじゃん!
って思うところですが、日本のソムリエ試験はフランスの問題が多くの割合を占めます。このテキストや参考書はあくまで試験対策ということです。
二つ目の理由は、ぶどうです。フランス原産で世界中で育てられているブドウ品種を国際品種と呼びます。逆にその地域でのみ育てられるブドウ品種を土着品種と呼びます。イタリアにはこの土着品種が信じられないほどあります。1日1種類紹介しても1年では終わりません(笑)
テストでフランスを覚えてもそれ以上に高いイタリアの壁。でもテストに出ないから見向きもされない。悲しいね。
ということで不定期で知られざるイタリアのマニアックなぶどう紹介しようかなと思います。普段表に出ない演者にスポットライトを!

コメントを残す

モバイルバージョンを終了