The King Grapes in South Italy

ripe grape on green branch

From this time, I will write articles unique to sommeliers on an irregular basis.

There are more than 2000 indigenous grape varieties in Italy. There are various types of grapes, such as famous grapes and rare and lesser-known grapes, but I would like to introduce them little by little.

The grape I’m introducing this time is a black grape called “Aglianico”. If you like wine, you may know it, but I think it’s not widely known. I would like to talk about the wonderfulness of Aglianico.

First of all, the main production areas of Aglianico are Campania, Basilicata, Puglia, Calabria and Molise. No, where is it! I know you think so. These states are in Southern Italy. The big and famous city is Naples, Campania. Surrounded by the Mediterranean Sea, it has a relatively warm climate.

Southern Italy has a huge number of indigenous grape varieties. In the old days, most wines were locally produced for local consumption. There are many lesser-known grapes because they were not actively exported in the past. Among them, Aglianico may be said to be famous.

Aglianico has a thick skin and produces a heavy red wine with a rich fruitiness. It is suitable for long-term ripening and is used for high-class wine called Taurasi. Aglianico is such a wine, but in some places it produces a very elegant, softly sour wine. Even though southern Italy is warm, but the temperature difference is large in the mountainous areas. Aglianico growing in this area has these characteristics.

Southern Italy is a very interesting area with various climates and soils, such as at the foot of a volcano and along the sea, and the expression changes depending on where the same grapes grow. The famous Italian wines are concentrated in the north, but from now on, please pay attention to the south as well.

今回からシリーズの間などで、このようなソムリエらしい記事を書いていこうと思います。

イタリアには2000種類以上の土着のブドウ品種があります。有名なぶどうもあれば希少であまり知られていないぶどうなど様々ですが、これらを少しずつ紹介していきたいと思います。

今回、紹介するぶどうは「アリアニコ」という黒ぶどうです。ワイン好きならもしかしたら知っているかもしれませんが、あまり広くは知られていないのかと思います。そんなアリアニコの素晴らしさをお話しいたします。

まず、アリアニコの主な産地ですが、カンパニア州、バジリカータ州、プーリア州、カラブリア州、モリーゼ州です。いや、どこやねん!て思いますよね。これらの州は南イタリアにあります。大きい有名な都市はカンパニア州のナポリが有名です。地中海に囲まれていて比較的温暖な気候です。

南イタリアは土着のブドウ品種がとてつもなく多いです。昔は地産地消のワインがほとんどでした。かつては積極的に輸出していなかったため、あまり知られていないぶどうがたくさんあるんですね。その中でもアリアニコは有名な方といっても良いかもしれません。

アリアニコは皮が厚く、果実感豊富で重厚な赤ワインが出来ます。長熟に向いていてタウラージという高級ワインに使われています。そんなアリアニコですが、場所によってはとてもエレガントで柔らかい酸味を含んだワインが出来ます。南イタリアは温暖といっても山岳地帯は寒暖差が激しいです。この地域で育つアリアニコはこのような特徴があります。

南イタリアは火山のふもとや海沿いなど、様々な気候、土質があり同じぶどうでも育つ所によって表情が変わるとても面白い地域です。イタリアワインの有名どころは北に集中していますが、これからは是非南にも注目してみてください。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。