My Story ②

white daisy flower bloom

I was born in a mediocre family, but I grew up without any inconvenience. Not many, but I also had friends. I was such a shy boy with little self-assertion. And when I was 10 years old, I started playing soccer. It was just around the time when Japan made its first appearance in the France World Cup and the soccer boom was coming. Most of my friends joined the soccer club, and I joined as well.

The soccer club joined without knowing that this would be my first setback, but it was one of the strongest teams in the city. I joined the club without knowing that, and suddenly the rigorous practice began. I don’t think it’s fun and I want to quit right away. However, I cannot say that I will quit because I am a shy person with strict teachers and coaches, and I gradually start to skip club activities. My parents were so strict that I couldn’t talk to them, and eventually I couldn’t talk to anyone and ended up quitting club activities.

At this time, my heart somehow has the feeling that “I am a weak person who could not continue one thing.” At this time, I quit halfway through, so I lose confidence in myself. I remember that it was from this time that I became a negative personality. This will later be a tremendous annoyance to me.

However, as a child, I will graduate with this feeling without being aware of it.

平凡な家庭に生まれた私ですが、特に不自由なく育ちました。多くはないですが友達もいました。そんな私ですが、とても内気な性格で自己主張の少ない子供でした。そして小学4年生になった私は、サッカーを始めます。ちょうどフランスワールドカップに日本が初出場を果たし、サッカーブームが来ていたころでした。友人のほとんどがサッカー部に入部し、流されるように私も入部しました。

これが最初の挫折になることも知らず入部したサッカー部ですが、市内屈指の強豪チームでした。そんなことも知らず入部し、いきなり厳しい練習が始まります。楽しいと思えずすぐに辞めたいと思ってしまいます。しかし、先生やコーチが厳しい方で内気な性格の私は辞めると言い出せず、徐々に部活をサボるようになります。親も厳しかったので中々相談できず、最終的に誰にも相談できず部活をやめることになってしまいます。

このときの私の心には、何となく「私は一つのことを続けられなかった弱い人間」という感情が芽生えます。このときに途中で辞めてしまったせいで、自分に自信が無くなります。ネガティブな性格になったのもこの時からではないかと記憶しています。これが後に私をとてつもなく悩ませることになります。

ただ、子供だった私は特に自覚することなくこのコンプレックスを抱え卒業することになります。

My Story ②」に3件のコメントがあります

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。