My Story ③

Normally, admission to junior high school is full of dreams and hopes. However, as a negative person, I was almost worried I could not keep up with the class, cannot make friends, and scared of strict teacher. Moreover, for some reason, the club activity is indispensable. I was worried and had to join club activities, so I didn’t like it even before I entered school. I had such feelings before I entered school, and in this era it was not strange that I would not go to school, but I went to school because I encountered a certain sport.

It was Kendo. By encountering Kendo, I gradually gained confidence in myself. I was prepared to continue this. Kendo will continue until I graduate from high school, but I will take this story for another time.

The practice was tough and I thought I would quit it many times, but I managed to continue and it was time to graduate from junior high school. I didn’t study at all because I was too focused on kendo. I want to continue kendo, but I couldn’t enter a high school with a kendo club because of my terrible grades at that time. I don’t want to quit Kendo. I studied for the entrance exam only with that thought, and managed to pass the school of my choice at the last minute.

This leads to the next big setback.

通常であれば中学校入学は、夢と希望に溢れていると思います。しかし、ネガティブな私は授業についていけるか、友達はできるか、先生が恐いんじゃないかと、ほぼ不安しかありませんでした。しかも、なぜか部活入部が必須。不安なうえに部活も入らなければいけない、もう入学前から嫌でした。入学前からそんな気持ちで、今の時代であれば不登校になってもおかしくない状況でしたが、そんな私が不登校にならなかったのは、とあるスポーツに出会ったことがきっかけでした。

それは剣道でした。剣道と出会ったことで少しづつ自分に自信をつけていくことになります。これは絶対に続けてやろうと覚悟して始めました。剣道は高校卒業まで続けることになりますが、この話はまた別の機会にしようと思います。

練習が厳しく何度もやめようと思いましたが何とか続け、中学校卒業のタイミングが来ます。剣道に集中しすぎたせいで全然勉強していませんでした。剣道を続けたいが、当時の成績では剣道部のある高校に入れませんでした。剣道は辞めたくない。その思いだけで受験勉強をし、どうにかギリギリで志望校に合格することが出来ました。

これが次の大きな挫折に繋がります。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。