My Story ⑥

The restaurant I joined was working 6 days a week and 17 hours a day. I wish I had quit immediately, but at that time I was overconfident that I could do it with a little effort. In addition to this working time, it was an environment where mistakes could not be tolerated. When I made a mistake, I was skipped meals and beaten and kicked by my boss. I will quit this job for half a year in a row.

I get sick both physically and mentally, quit my job in a short period of half a year, and fall into self-loathing. After all, I can’t keep going. This feeling revives again. I took a rest for a while and started job hunting again. I had no income or savings, so I started working at a coffee chain store as a part-time job. There was no harassment such as hitting and kicking because the working hours were normal. However, I met a ridiculous boss there, and after that I could not trust the upper management in the company.

The boss I met there was a very cheerful and passionate person.
But it’s public face!
He was a ridiculous person for me. He hides his mistakes, but blames and pursues my mistakes. Simply put, he was such a person. There are many stories about him, but I want to give a simple example on next blog.

入社したレストランは、週6日勤務、17時間労働でした。そんなところすぐに辞めればよかったと今では思いますが、当時の私は少し無理をすればできると自分を過信していました。この労働時間に加え、ミスが許されない環境でした。ミスをすると賄い抜きや、上司からの殴る蹴るは当たり前でした。この仕事を半年続けやめることとなります。

心身ともに病んでしまい、半年という短い期間で仕事を辞めてしまい自己嫌悪に陥ります。結局一つに事を続けられない。この気持ちがまた蘇ります。しばらく休養し再び就職活動です。収入も貯金もなかった私は、とりあえずアルバイトでとあるコーヒーチェーン店で働き始めます。そこは労働時間もいたって普通で殴る蹴るなどのハラスメントはありませんでした。しかし、そこでとんでもない上司と出会い、以後会社で上層部を信用できなくなっていきます。

そこで出会った上司、とても明るく部下思いで情熱にあふれた人でした。
表向きは!
私に対してはとんでもない人でした。自分のミスは隠し、部下である私のミスはとことん責めて追及する。簡単に言うとそういう人でした。彼に関して色々なお話があるのですが簡単に例を挙げたいと思います。

My Story ⑥」に2件のコメントがあります

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。