My Story ⑦

mad formal executive man yelling at camera

One day, when I went to work late shift, when I saw the condition of the store, I was surprised that nothing was done. My boss is in charge of the early shift. In that situation, I took over without any information. What happened? I heard. He said just one word, it was busy. We will take over the work of the early shift and also handle the work of the late shift. Do nearly twice as much work as usual, and finally write a business report. I always check sales and other data every hour, but I didn’t have a busy time during the early shifts. After that, there were various incidents, and it turned out that he was late that day.

Another story was the day when I was responsible and he supported me. So to speak, it’s my training. His best special ability is that he will never come out once he goes down at desk work. I came to think he wasn’t there. If he has a ridiculously difficult job, I understand, but he’s basically sitting and talking to a break employee. I’m no longer angry, but he didn’t come back for an hour with a 15-minute break that day. I was wondering if he could not calculate anymore, and above all, there was no apology after that. I thought it was a company where such a person were promoted.

These things happen in quick succession in my early twenties, and I lose trust in this boss. I become suspicious of the bosses I meet in the future, and I am not good at communicating well.

ある日、遅番で出勤した私は店の状態を見て、何一つ業務が進んでいないことに唖然とします。早番の責任者は彼です。その状況で何事もなく引継ぎを受けます。私は何かあったんですか?と聞きました。ただ一言、忙しかったで片づけられました。早番の仕事を引継ぎ、さらに遅番の業務もこなします。いつもの倍近くの業務をこなし最後、業務レポートを書きます。そこでは必ず1日の時間ごとの売り上げなどデータを確認するのですが、早番で忙しかった時間など一つもなかったのです。後日、様々な経緯があり彼がその日遅刻していたことが分かりました。

別の話では、私が責任者で彼は私のサポートをするという日でした。いわば、私のトレーニングです。彼の最高の必殺技は、デスクワークで裏に下がると二度と出てこないということです。そんな技を持った彼を、私はいないものとして考えていました。とんでもなく難しい仕事を抱えているのなら解るのですが、基本座って休憩の従業員としゃべっています。もはや怒りもないのですが、この日は15分休憩を1時間帰ってきませんでした。もはや計算もできないのかと呆れますし、何よりその後に謝罪も何もありませんでした。こういう人が出世できるのかと不思議に思いました。

こういったことが20代前半で立て続けに起こり、この上司に対する信頼が無くなっていきます。今後出会う上司に対しても疑心暗鬼になってしまい、うまくコミュニケーションを取ることが苦手になります。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。