My Story ⑩

paper boats on solid surface
広告

It was a frustrating life, but I learned a lot. There is something I am conscious of first to be positive and then to affirm the life I have lived. It is to think that “escape is not a bad thing”. I used to think that it was not good to quit halfway through, but I became a member of society and ran away and was depressed. However, if I hadn’t escaped at that time, I might have been more physically ill, or I might have been mentally cornered and depressed. In order to protect myself and for my health, I try to escape immediately in such a situation.

When I met my unfortunate boss, I studied “leadership” hard because I didn’t want to be like this. I read a book and learned thoroughly. So, since I met that boss, I haven’t had much trouble communicating with my subordinates. It was a huge step forward for me, who was originally negative and shy. I would like to introduce some of the books I read at this time that impressed me, so please look forward to it. In the sense that it gave me this kind of opportunity, I have to thank my boss.

挫折ばかりの人生ですが多くの学びがありました。まずポジティブになるために、そして自分の送ってきた人生を肯定するために意識していることがあります。それは「逃げるのは悪いことではない」と考えることです。かつては途中で辞めるのは良くないことと考えていましたが、社会人となり逃げてしまい落ち込んでしまいました。しかし、あの時逃げていなければ、もっと体を壊していたかもしれないし、精神的に追い詰められ鬱病になっていたかもしれません。自分を守るためにも、健康のためにもそういった状況だったら即逃げることを心掛けています。

残念な上司に出会ったとき、こうはなりたくないと「リーダーシップ」を猛勉強しました。本を読み漁り徹底的に学びました。なので、例のあの上司に出会って以降、部下とのコミュニケーションに困ることは少なかったです。もともとネガティブで内気だった私にとって、とても大きな進歩でした。このときに読んだ本で、印象的だったものはぜひ紹介させていただきますので楽しみにしていてください。こういうきっかけをくれたという意味では、その上司にも感謝しないといけませんね。

コメントを残す

モバイルバージョンを終了