My Story ⑪

pexels-photo-374918.jpeg

There are customs that are common in workplaces that do not tolerate failure. That is, if they are rigorously instructed, they will be strict with their juniors. I think that such an organization blames mistakes and prevents them from happening again. By doing this, clumsy types like me will escape, and inevitably it will become an organization with few mistakes. But I don’t want to see anyone who suffers like me, and I don’t think I need to suffer from that. What I was conscious of was, “Forgive failure, scold negligence.”

I will forgive my mistakes. Forgiveness may reveal the root cause. If you make the same mistake twice, point out your negligence as to why you didn’t take action. Having this idea makes it easier to find problems in the workplace and organization, which leads to environmental improvement.

I call this experience “the dark twenties.” However, I think that I was able to lead the organization and the team because of that, and I think that I was able to understand the feelings of negative people and become positive. My next era has already been named “Challenge 30s”.

失敗を許さない職場にありがちな風習があります。それは、自分が厳しく指導されてきたら後輩にも厳しくするということです。このような組織はミスを責めることで、2度と起こさないようにする考え方だと思います。こうすることで私のような不器用なタイプは逃げていくので、必然的にミスの少ない組織になっていきます。しかし、私のように苦しむ人は見たくないですし、そんなことで苦しむ必要はないと考えています。そこで私が意識したことは、「失敗は許す、怠慢は叱る」です。

失敗は徹底的に許します。許すことで、その原因の根本が見えてくる場合があります。2度同じ失敗をしてしまった場合は、なぜその対策をしなかったのかという怠慢を指摘します。この考えを持っていると職場や組織の問題を見つけ出しやすく、環境改善につながります。

私は、この経験を「暗黒の20代」と呼んでいます。しかし、それがあったからこそ組織やチームを率いることが出来たと思いますし、ネガティブな人の気持ちが分かるポジティブになれたと思います。次の時代は「挑戦の30代」とすでに命名しております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。